千葉県市川市の本八幡にある

当院「頭痛専門治療院 本八幡リカバリーオフィス」は

施術者が「鍼灸師」の国家資格を所有するプロの治療院です。

病院では原因がわからなかったり治療が困難と言われた方々も
これまでにたくさん来院され当院で施術を行ってきました。

頭痛治療が最も得意ですが、
頭痛症状以外でもお力になれることがあると思います。

当院に通われている方のほとんどが、
「おかげで、頭痛は改善したけれど、他の症状も治療して欲しい。」
「健康管理の為に定期的に診て欲しい。」
というご要望で通われています。

病院でうまく改善されなくても、鍼灸やカイロプラクティックで
改善されてきた例を今までに数多く診てきました。

「もう治らないかも…。」
と思っているあなたも決して諦めず、
勇気を出して一度、当院にご相談いただければと思います。

 

腰痛でお困りの方へ、当院の治療方針について書きましたので
じっくりとお読みください。

 

腰痛とは

 

腰痛」と一言で言っても、症状や状態が違います。

 

症状や状態が違えば、当然、治療法も違います。

 

単純に、「温めれば良い」とか「腹筋を鍛えれば良い」とかいうものではありません。

 

腰痛の種類は大きく分類すると、

 

「椎間板ヘルニア」

「脊柱管狭窄症」

「仙腸関節の可動性亢進」

「仙腸関節捻挫」

「腰椎捻挫」

「腰部筋筋膜性」

「腰椎分離すべり症」

「腰椎椎間関節症」

等の整形外科的症状の他に

 

「内臓疾患からの二次的疼痛」

があり、

どのタイプの腰痛か見極め、それに適した治療法を選択し、行うことが大切です。

 

腰痛のタイプ別の特徴的症状

 

当院では、まず、あなたの腰痛のタイプがどれなのかを検査します。

 

そして、あなたの腰痛のタイプに最適な治療と自宅でのアドバイスをします。

 

自覚症状による簡単な鑑別方法を以下に記しておきます。

これは当院で、腰痛の鑑別をする際に確認すべき問診項目です。

 

椎間板ヘルニア」⇒クシャミをすると仙骨の中心が痛む。座っていると痛む。

脊柱管狭窄症」⇒立っていたり、歩いていると腰から脚にかけて痛む。座っていれば楽。

仙腸関節の可動性亢進」⇒椅子に座っていると、ジクジクと仙骨付近が痛む。立位だと楽。

仙腸関節捻挫」⇒硬い椅子には座っていられないくらいに仙骨が痛む。立位だと楽

腰椎捻挫」⇒少しでも身体を動かすと痛む。一般的に言う「ぎっくり腰」

腰部筋筋膜性」⇒体を曲げたり、しゃがんだりすると、にぶく痛む。

腰椎分離すべり症」⇒腰の筋肉が疲労しやすく、硬くなりやすい。マッサージしても一時しのぎにしかならない。

腰椎椎間関節症」⇒椅子から立ち上がる瞬間に、「ピキッ」という強く刺すような痛みがある。

内臓疾患からの二次的疼痛」⇒何をしても四六時中痛む。筋肉や骨格への治療をしても効果が薄い。

 

これらを問診してから、より精密な判断をするべく理学検査を行い、

腰痛のタイプを鑑別します。

 

その上で、適切な治療と適切なアドバイスをすることで、腰痛症状を改善させます。

 

世間で言われている危険な情報

 

「腹筋を鍛えれば腰痛は無くなる。」

という話を聞いたことがある方も多いでしょう。

 

ですが、

腰痛症状があるうちから腹筋運動をするのは危険です

 

腰痛症状を改善した後に、予防として腹筋などの体幹の筋肉を鍛える事は良い事ですが、

 

腰痛症状がある状態で腹筋運動をすると、悪化させることもあります。

 

 

この様に、枝葉だけの情報を盲信して、症状を悪化させてしまう方がとても多いです。

 

 

当院は、腰痛に関しても専門的な学習をしています。

 

腰痛でお悩みの方でも、当院にご相談して頂ければ、

全力で腰痛を改善させるお手伝いをさせて頂きます。

 

 

以上が、当院の腰痛に対する理解と論理的な治療方法です。

 

なにか、疑問点や質問などありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

頭痛だけでなく、腰痛も改善して人生が変わったという患者さん達からの声の数々

 

 

本八幡リカバリーオフィス 院長:吉田国矢

 

電話でのご予約は

※お急ぎの方はお電話でご予約下さい。

 

インターネットからのご予約は

※お急ぎの方はお電話でご予約下さい。