千葉県市川市の本八幡にある

当院「頭痛専門治療院 本八幡リカバリーオフィス」は

施術者が「鍼灸師」の国家資格を所有するプロの治療院です。

病院では原因がわからなかったり治療が困難と言われた方々も
これまでにたくさん来院され当院で施術を行ってきました。

頭痛治療が最も得意ですが、
頭痛症状以外でもお力になれることがあると思います。

当院に通われている方のほとんどが、
「おかげで、頭痛は改善したけれど、他の症状も治療して欲しい。」
「健康管理の為に定期的に診て欲しい。」
というご要望で通われています。

病院でうまく改善されなくても、鍼灸やカイロプラクティックで
改善されてきた例を今までに数多く診てきました。

「もう治らないかも…。」
と思っているあなたも決して諦めず、
勇気を出して一度、当院にご相談いただければと思います。

 

脊柱管狭窄症と診断された方、そのような症状でお困りの方へ、当院の治療方針について書きましたので
じっくりとお読みください。

 

脊柱管狭窄症とは

 

まず、脊柱管狭窄症とは、どういうものなのかについてお話しします。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、

加齢や過重、長時間の負担など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚して、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる部分が狭くなることにより、神経圧迫などが起きて、痛みやだるさ、痺れ等の症状が出る病気です。

 

腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす原因の一つでもあります。

 

最大の特徴は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状で、

 

歩いていると腰や足が痛くなって、途中途中で座り込んだり、休んだりする症状です。

 

また、腰部脊柱管狭窄症は、長時間の立位が辛いという症状もあるので、立ち仕事の人に多く診られます。

 

 

脊柱管狭窄症は手術するしかないのか?

 

整形外科で「腰部脊柱管狭窄症」と診断されると、

 

「手術しますか?」

 

と聞かれる事があります。

 

果たして、脊柱管狭窄症は手術するしかないのか?

 

答えは「NO」です。

 

 

勿論、手術した方が良い状態のものもあります。

 

膀胱直腸障害

 

という症状が出ている場合は手術した方が良いでしょう。

(陰部神経という神経が圧迫されてしまって、排便排尿をコントロール出来ない状態のことを「膀胱直腸障害」と言います。)

 

この症状が出ていないのであれば、保存療法(手術しないで治療する方法)でも、十分改善は望めます。

 

以下に、当院での治療法と治療方針を載せます。

 

当院の脊柱管狭窄症に対する治療

 

当院での脊柱管狭窄症への治療方針は、

 

1、狭くなっている脊柱管を広げつつ、

2、骨盤を正常なポジションに矯正して腰への負担を軽減させて、

3、脊柱管を広げたままたの状態をキープさせて安定化させる。

 

コレを繰り返すことで、安定させる。

 

という方針で、治療を行います。

 

自宅で出来るリハビリ方法や、ストレッチなどもアドバイスします。

 

 

腰部脊柱管狭窄症が改善して「人生が変わった!」という患者さん達からの喜びの声の数々

 

 

早期に受診していただくほど手術を避けられる確率は上がります。

 

また、アドバイスしたリハビリやエクササイズをしっかりやって頂いた方の方が、やはり改善するまでの期間が早いです。

 

 

分からないことがありましたら遠慮せずに、何でもご相談ください。

 

 

 

以上が、当院の腰部脊柱管狭窄症に対する理解と論理的な治療方法です。

なにか、疑問点や質問などありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

腰部脊柱管狭窄症が改善して「人生が変わった!」という患者さん達からの喜びの声の数々

 

 

本八幡リカバリーオフィス 院長:吉田国矢

 

 

電話でのご予約は

※お急ぎの方はお電話でご予約下さい。

 

インターネットからのご予約は

※お急ぎの方はお電話でご予約下さい。