本八幡リカバリーオフィスは2014年に開院し、
施術者が「鍼灸師」の国家資格を所有するプロの治療院です。

病院では原因がわからなかったり治療が困難と言われた方々も
これまでにたくさん来院され当院で施術を行ってきました。

頭痛治療が最も得意ですが、
頭痛症状以外でもお力になれることがあると思います。

当院に通われている方のほとんどが、
「おかげで、頭痛は改善したけれど、他の症状も治療して欲しい。」
「健康管理の為に定期的に診て欲しい。」
というご要望で通われています。

病院でうまく改善されなくても、鍼灸やカイロプラクティックで
改善されてきた例を今までに数多く診てきました。

「もう治らないかも…。」
と思っているあなたも決して諦めず、
勇気を出して一度、当院にご相談いただければと思います。

 

仙腸関節炎・仙腸関節痛と診断された方、そのような症状でお困りの方へ、当院の治療方針について書きましたので
じっくりとお読みください。

 

そもそも「仙腸関節炎」ってどんな症状?

 

仙腸関節炎とは、腰痛の一種です。

 

腰痛に分類されますが、普通の腰痛とはちょっとだけ痛む場所が違います。

 

ちょっと下の骨盤のこの部分が痛みます。

 

本来でしたら、あまり可動しないはずの仙腸関節が、様々な要因で動きすぎてしまった結果、炎症が起きてしまい、痛みが出現するのです。

これが、「仙腸関節炎」です。

 

本来でしたら、あまり可動しないはずの仙腸関節が、様々な要因で動きすぎてしまっている状態ですと、絶えず炎症が起きてしまいます。

これが、「仙腸関節痛」です。

 

仙腸関節痛の症状について

 

では、仙腸関節炎がある場合、日常生活ではどんな時に痛みが出るかについてお話しします。

 

それは、ズバリ、

「長時間の座位」

です。

 

人間の構造上、正座以外の座位ですと、骨盤の仙腸関節の部分が緩みます。

 

もともと、本来でしたら、あまり可動しないはずの仙腸関節が、様々な要因で動きすぎてしまって起こる仙腸関節痛ですので、長時間の座位で仙腸関節が緩むと、状態を悪化させます。

 

状態が悪い人ですと、5分も座っていられないことがあります。

 

逆に、立位でしたら、股関節が骨盤を締めてくれる状態ですので、あまり痛みません。

 

立位だと楽で、座っているのが辛い。

 

という症状で、痛む部位が上の画像の〇の部分と言うのであれば、仙腸関節の症状でしょう。

(当院では、より詳しく鑑別するために、理学検査を行ってから判断します。)

 

仙腸関節炎・仙腸関節痛の治し方

 

次に、当院での仙腸関節痛に対する治療法についてお話しします。

 

先述したように、

「本来でしたら、あまり可動しないはずの仙腸関節が、様々な要因で動きすぎてしまって起こる」

ということが原因ですので、

 

目的としては、

「仙腸関節を動きすぎないように締める。」

ことで、仙腸関節の炎症を起きないようにしたまま安定させます。

 

仙腸関節を締めた状態を持続させていれば、仙腸関節が安定します。

 

安定したなら、炎症が起こることが無くなり、痛みが解消されます。

 

 

もし、ご自宅に骨盤ベルトがあるのであれば、骨盤ベルトで骨盤を締めてみてください。

仙腸関節が締まれば、痛みは軽減するはずです。

 

注意)

ここで、注意しなくてはいけないことが、

仙腸関節が捻じれた状態のまま骨盤ベルトで仙腸関節を締めて、捻じれた状態のまま安定してしまうと、余計に症状が長引きます。

(と言うより、治療しにくくなります。)

 

あくまで、プロの治療家の指導の下で、骨盤ベルトを活用してください。

 

自己判断や生兵法は大怪我の基ですので…。

 

 

あと、骨盤ベルトとコルセットの違いがよくわからないという方が沢山いらっしゃいます。

 

 

骨盤ベルトとは、骨盤を安定させるサポーターです。

代表的なのが、ゴムベルトですね。

コレです↓

 

コルセットとは、腰部の筋肉や腰椎を保護するものです。

コレです↓

 

巻く位置が違いますね。

 

コルセット骨盤より上の腰の部分

骨盤ベルトは、骨盤の真上の部分

 

に使用するものです。

 

仙腸関節痛の場合はコルセットで腰を保護しても、症状の改善効果は薄いでしょう。

 

「椅子や床に座っている時に、腰が痛いんだよ…。」

 

と言う症状にお悩みの方は、一度当院にご相談ください。

 

 

以上が、当院の仙腸関節炎・仙腸関節痛に対する理解と論理的な治療方法です。

なにか、疑問点や質問などありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

仙腸関節痛が改善した!という患者さん達からの喜びの声の数々

 

 

本八幡リカバリーオフィス 院長:吉田国矢

 

電話でのご予約は



※お急ぎの方はお電話でご予約下さい。

インターネットからのご予約は

※お急ぎの方はお電話でご予約下さい。